頬のたるみを予防するための簡単筋トレ方法!

頬のシワは予防が大切

頬のたるみは、ほうれい線などの深いシワが生じてしまい見た目が一気に老けてしまいます。

一度できてしまった頬のシワはもとに戻すのがとても大変なので、できないように予防をするのが大切です。

化粧品などを使って予防をするのはもちろんですが、それにプラスして頬筋のトレーニングをおこなうと頬のたるみ予防に役立ちます。

最近ではさまざまな頬筋のエクササイズが紹介されていますが、ここでは自宅で簡単にできる方法を紹介するので是非試してみてくださいね。

簡単頬筋トレーニング1

ひょっとこトレーニングとも言われる方法ですがまずは唇を閉じてから左右の口角をゆっくり引き上げ笑顔を作ります。

次に笑顔の状態から右の口角だけ元の位置に戻したらそのまま今度は左の口角をさらに左に引っ張るように持ち上げます。

そうするとひょっとこみたいな顔になっているので、ひょっとこトレーニングと言われいるのですね。

この時のポイントは、右側の筋肉はなるべく縮めるように意識して左側は限界まで持ち上げるように意識します。

この状態で左目をゆっくり閉じて5秒間そのままキープ、その後ゆっくり左目をあけて口角も元に戻します。

次に左右を変えて同様におこないます。

これを3セットやります。

簡単頬筋トレーニング2

次にご紹介するのは風船運動と言われる方法です。

頬を限界まで膨らませるように空気をたっぷり入れます。

その状態で5秒間キープしたら今度は口の中の空気を右側に移します。

そして5秒間キープしたら左側に空気を移して同じく5秒間キープ、最後にゆっくり空気を抜いて元の状態に戻します。

慣れないうちはキープしている状態の時に空気が勝手に漏れてしまうこともありますが、頬筋が鍛えられていくうちに大丈夫になるので、頑張って続けてくださいね。

また、風船運動専用の美容グッズも発売されているそうなのでより効果を高めるなら購入するのもおすすめです。

お風呂に入りながらするのが効果的!

2つの筋トレをご紹介しましたがどちらも簡単ですし特別な道具もいらないので早速始められそうですね。

お好きな方を選んで取り入れてみてください。

ただし、やってみるとわかりますが…

どちらもやり方は簡単でも慣れないうちは結構疲れます。

それだけ普段使われない筋肉を使っているということですが疲れに負けてやめてしまっては頬のしわの予防になりません。

比較的即効性のある方法をご紹介しているので、短期間で効果は出るはずですが、すぐに出ない場合でもしばらく続けてみることをおすすめします。

そして筋トレをおこなう時間に決まりはありませんが、お風呂に浸かりながらおこなうと血液やリンパの流れも良くなっているので効果が上がりやすいとも言われます。

回数も特に決められていませんが、1日1~2回程度で充分です。

やり過ぎると却って筋肉を傷める原因にもなるので、くれぐれも適度な回数を守ってくださいね。

継続は力なりと言いますが、美容においても同じです。

頬のたるみ肌を作らないためにも、毎日の頬筋トレーニングを頑張っていつまでも若々しくいたいですね