ほうれい線を消す為に出来る手軽なマッサージ方法

ある日突然やってくるたるみ肌

ほうれい線でお悩みの女性でしたら頷かれる方も多いかと思いますが顔のたるみは知らず知らずのうちに進行していて、気が付いたら口元に深いしわができていた!と言う方がほとんどのようです。

徐々にできてくれるなら対策も打てますが、なぜだか気づくのに時間がかかってしまうほうれい線は、毎日のお手入れで消すことも可能です。

諦めないでハリのある肌を取り戻してみませんか?

ほうれい線を消したいなら顔の運動が効果的

加齢ととも出てくるほうれい線は、肌内部の3つの変化が原因です。

1つ目は真皮のコラーゲン、またエラスチンなどの弾力成分の減少
2つ目は表情筋の衰え
3つ目は顎周りの皮下脂肪のたるみです。

この3つが重なると年齢特有のたるみになってしまうのですがそれぞれに共通しているのは、リンパや血液の流れが悪いと生じてしまうということ。

なので、しわやたるみに効果がある化粧品などを一生懸命使用してハリを取り戻すのも大切ですが、化粧品だけでは効果に限度があるのも事実です。

そこで顔を適度に運動させるマッサージを取り入れてリンパや血液の流れを良くすることで、肌内部から健康になりしわやたるみを改善することも重要なのですね。

今日から始められるほうれい線を消す簡単マッサージ

マッサージと聞くとエステに行かないとできない!

自分でやるのは面倒くさいなど思う方もいるとは思いますが、実はそんなことはないのです。

エステでやるような大げさなことをしなくても、リフトアップに効果を発揮する方法があるんです。

やり方はとっても簡単、夜のお手入れの乳液の際におこないます。

通常の乳液でのお手入れを終わらせたら、再度少量の乳液を両方の中指と薬指に付けます。

そしてその中指と薬指を使って、上唇中央部分から左右の口角まで引き上げるように伸ばします。

次に下唇中央から左右の口角まで引き上げます。

この動作を5セット、心拍数程度の速さでおこなってください。

次に同じく中指と薬指を口角にあて、目じりに向かってできるだけゆっくり力を入れて引き上げます。

この動作を5セット繰り返します。

最後に肌に溜まった老廃物を排出するために、両下耳あたりにある耳下腺のツボを3秒押しておしまいです。

マッサージと合わせて気を付けたいこと

とっても簡単ですよね?

時間にしても1分程度なのではないのでしょうか?

しかし、この動作が普段使われない表情筋を刺激したり血液やリンパの流れを良くすることにつながるので、是非試してみてくださいね。

さきほど乳液でおこなうと書きましたが、クリームなどを使っても、もちろん大丈夫です。

その場合には化粧品の使用順序に合わせておこなってくださいね。

夜だけでなく朝にやっても問題ありませんが、やりすぎは禁物です。

過度なお手入れは却って肌を傷める原因にもなりますから、注意をしてください。

少しの時間で効果的なマッサージ、続けることで口元のしわを消すことにつながるので三日坊主にならないように頑張ってハリのある肌を取り戻してみてはいかがですか?