肌の老化とおさらば!ほうれい線向けの化粧品対策!

できてしまったほうれい線を消したい!

ほうれい線で悩む女性なら、誰でも願うことですね?

しわを改善するために、多くの方がさまざまな化粧品を使用して毎日お手入れに励んでいると思いますが、なかには一生けん命お手入れしても効果がでない、なんて嘆いている方も少なくありません。

一度出来てしまったたるみやしわは改善時間に個人差もあり一概には言えませんがスキンケアの方法や使用アイテムによっても効果が違うのでどうせなら効果があるスキンケアをしたいですね。

たるみやしわの原因とは

たるみやしわは、肌の真皮の力が弱ってしまうことで生じてしまいます。

真皮とは肌の土台の部分、ここにコラーゲンやヒアルロン酸がたっぷりあることでハリのあるお肌になるのですが、加齢や乾燥、紫外線などの影響でコラーゲンやヒアルロン酸などが減少してしまうと、真皮の力が低下してしまいます。

なので真皮の力をアップすれば、ほうれい線も消えるというわけです。

コラーゲンやヒアルロン酸を増やすためには、毎日のスキンケア対策がとても重要になります。

コラーゲンやヒアルロン酸を増やす化粧品とは

化粧水や美容液、乳液にはさまざまな成分が配合されていますが肌の中でコラーゲンを増やす成分は、肌の内部に働きかける処方でないと意味がありません。

よく間違えやすいのは、化粧水などのパッケージに書いてある『コラーゲン配合』

実はこれ肌のコラーゲンを増やす成分ではないのです。

コラーゲン自体を成分に使用しても肌の真皮に浸透することはできずあくまでも肌表面の保湿としての役割となります。

肌の中でコラーゲンや増やすのなら、コラーゲンなどを作る細胞(繊維芽細胞)に働きかける成分を使うことが必要です。

具体的な成分としてはレチノールやガンマアミノ酪酸、ビタミンC誘導体などが有名です。

そして美肌の基本のクレンジング、洗顔はしっかり行いましょう

お肌の汚れは肌の酸化を招き、ほうれい線を悪化させます。

さらにしわの大敵は紫外線です。

紫外線が肌に入り込んでしまうとコラーゲンなどを破壊してしわの原因になりますから日頃のUV対策もしっかりおこなうことも必要です。

効果をしっかり出すなら医薬部外品

化粧品を選ぶ際にもう一つの基準になるのが、医薬部外品です。

医薬部外品とは薬事法で肌への効果が認められているものになります。

さきほどのレチノールなどが配合されている化粧水などであっても、医薬部外品でなければ効果の信用度は低いと言っても良いくらいです。

このように成分や処方などを見極めて商品を選ぶこともスキンケア対策でとても大切なことなんですね。

そして一番肝心なのが、スキンケアを正しくおこなうこと

どんなに優秀な化粧品を使っても、使い方を間違えていたりしては効果は出ません。

化粧品は薬と同じで用量用法を守ってこそ効果を発揮してくれるのです。

雑誌やインターネットなどで多くのしわ対策のスキンケア情報がありますが本当に肌に効果があるものを正しく選んで正しく使うことがスキンケア対策で最も大切なことなので、覚えておいてくださいね。