ほうれい線対策になるリンパマッサージやお手入れ方法はこれ!

ほうれい線の原因は、たるみです。

老廃物や脂肪が溜まることにより、顔のたるみは促進されます。

主なリンパ腺の働きは脂肪や老廃物を運ぶことで顔のリンパ液の流れが滞ると老廃物がたまりむくみがでたり脂肪がつきやすくなったりとたるみにつながります。

またリンパ管と沿うように流れる血液が滞ると栄養や酸素が運ばれにくくなり脂肪を蓄積させる原因となってしまいます。

リンパ液と血液の流れをマッサージで正常化することは、顔のたるみに効果的なのです。

たるみ解消マッサージ

手のひらで保湿力の高いマッサージクリームやゲルを温めてから顔全体首にたっぷりのばします。

中指と薬指の腹で、首側面のリンパにそって左右各10回ずつ首すじのリンパを上から下へさすりおろします。

1.5秒位かけて、少し痛いくらいの強さで上から下へさすりおろします

親指をあご先にあてフェイスラインをなぞり、リンパをあご先から耳下腺に流すようにフェイスラインに沿って少し痛いくらいの強さで10回すべらせます。

同様に口角から耳へ、頬骨の下から耳へ、小鼻横から耳へと親指の腹を使って3か所を3回さすります。

次は中指のはらで目の下側の目頭、黒目の下、目の外側の3か所を親指で押します。

眉の上側、下側もまゆに沿って、目の下側で押したポイントの延長上の3か所を親指で押します。

1か所につき1、2、3、4とゆっくり数え、1、2で徐々に力を入れて3、4で徐々に力を抜きます。

最後に首のリンパを上から下へさすりおろします。

左右各10回ずつマッサージし、鎖骨の内側に指のはらを埋め込ませるように3秒指で押して終了です。

マッサージの注意点

マッサージは、毎日2回朝と夜行うのが効果的です。

一度老廃物を流してから、また8時間後には老廃物が蓄積されるといいます。

特に老廃物が流れやすく、血行促進されているお風呂上がりがお勧めです。

リンパの流れとは逆方向に行ってしまうと、逆に老廃物をどんどん溜めてしまうことになるので注意しましょう。

マッサージの強弱は、目の周りはこするようなマッサージは禁物です。

首のマッサージは、少し痛いくらいの力でおこないましょう。

乳液はマッサージ中に乾き、摩擦が起きやすいのでお勧めできません。

ニキビのある箇所へのマッサージは、ニキビを悪化させてしまいます。

過剰なマッサージは、細胞が疲労しコラーゲンが破壊され皮膚が伸びてたるみにつながりますのでご注意ください。