目の下の保湿で目元の小じわをスッキリさせる方法

年齢を重ねると、目元の小ジワが気になってきます。

小ジワは、早めにきちんと保湿ケアすることで深いシワになることを防ぐ事ができます。

乾燥とシワ

小ジワ、ちりめんジワは、目もと口もとにできやすいシワです。

加齢とともに肌は乾燥しやすくなってしまい、これもシワの原因となります。

加齢が進むと、肌は水分を長時間保つことが難しくなり皮膚の膜も薄くなるために水分が逃げやすくなります。

水分が保持できない状態が細胞レベルで長く続いてしまうと肌の表面はごわついて乾燥ジワが細かくできてしまいます。

肌は乾燥していると、ほこりや紫外線、そしてその他の刺激物質に対して無防備になります。

乾燥していると、シワはなかなか回復できず、ほうれい線は乾燥によってさらに深く刻まれます。

保湿成分は、20代後半から減少し、水分を保てずにハリや弾力が失われてしまいます。

さらにハリや弾力が失われれば、表情ジワが戻らなくなってしっかり顔に刻まれていきます。

こうして長い間蓄積されたシワは、よりくっきり深いシワになってしまうのです。

目元の乾燥原因

目の周囲は特にデリケートで、目の周囲の皮膚は非常に薄いです。

どうしても刺激に弱くなり、乾燥してしまいがちです。

目の周りの乾燥は、洗いすぎと保湿不足が主な原因となります。

これはどちらも、アイメイクを落とす洗い方が問題であることが多いです。

そのため優しく洗う必要があるのです。

洗浄力の高いクレンジング剤をついつい選ぶ人も多いかもしれませんが刺激が強くなります。

ゴシゴシと洗ってしまうのも、肌の乾燥につながります。

摩擦を濡れた状態で行うと、傷が付きやすくなります。

マスカラはお湯で洗い落とせるタイプのものクレンジング剤はこすらないで落とせるタイプのものがお勧めです。

目元の乾燥対策

洗顔後には、セラミド配合の美容液や美容クリームでのケアが大切です。

角質層の細胞間脂質が肌の水分保持力を8割担っているためです。

そして、細胞間脂質の主成分はセラミドなので、セラミド配合のものが目元の乾燥に有効です。

すでに目元の乾燥が進行している場合には肌のバリア機能を取り戻すことが最優先です。

そのままでは今まで問題なく使えてきた化粧品も、かぶれてしまうことがあるからです。

そのような時は、ワセリンが活躍します。

しっかりと表面をガードし添加物もないワセリンを活用して、ある程度落ち着いてきてから化粧品で対策をしてください。