顔の乾燥にはクリーム?化粧水?どっちが重要なの?

顔の乾燥は、肌の大敵です。

肌の乾燥は、皮脂の過剰分泌を促し大人ニキビになったり皮膚細胞が水分保持できない状態が長く続くと目もと、口もとに小ジワ、ちりめんジワができたりする原因にもなります。

顔の乾燥にはクリームと化粧水のどちらがよいのか検討してみました。

乾燥の仕組み

水分の蒸発を防ぐために肌の角質層には保湿成分があり約30%程度の水分が保たれています。

その為、紫外線などの外部刺激からのバリア機能が働き、潤いが保たれています。

しかし、様々な原因でバリア機能が傷つくと、保湿成分を生み出す力や保持する力が低下し水分は外に逃げ水分量が30%以下になると
肌が乾燥し乾燥肌になります。

バリア機能が破壊され保湿成分が正常に機能しなくなると肌の水分量が異常に下がり、顔の乾燥が慢性化します。

顔が乾燥している場合には、保湿成分を補ってバリア機能を回復させさらに肌本来のバリア機能や保水機能を高めることが重要となります。

保湿力は肌の水分維持力

保湿と言うのは、今の肌質を保湿成分を与えることで改善ししっかりと肌の水分を維持させることです。

実は、化粧水が肌の水分となりそのまま保水されるわけではないのです。

化粧水のほとんどは、水です。

最も重要な保湿成分は、角質細胞間脂質であるセラミドです。

セラミドの働き

肌の表面には角質層があり、角質細胞が何重にも重なっており角質細胞をつなぎとめる役割をしているのが細胞間脂質です。

その細胞間脂質を構成する一部がセラミドで肌の水分を保つためには欠かせない存在です

セラミドは加齢により減少していき、肌は乾燥していきます。

そして水を中心とした成分には配合出来ません。

化粧水と美容液の役割

化粧水をつける理由は、水溶性の保湿成分を補給できるためです。

水溶性の保湿成分とは、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを指します。

化粧水では私達が考えているよりも保湿効果はありません。

ただセラミドほどではありませんが、水溶性の保湿成分のなかでもヒアルロン酸やナノコラーゲンは肌に潤いを与えてくれます。

美容液と言うのは、保湿や美白さらにはアンチエイジングといった複数の肌の悩みに対応する成分が配合されています。

ジェルタイプ、クリームタイプや液体タイプなどいろんなタイプが販売されています。

特に顔の乾燥には保湿成分を補うことが重要ですのでセラミドが配合された美容液を選んでください。

セラミドが不足すると、約8割の肌の水分量が失われてしまいます。

肌の水分を保持するためにも、セラミドは最も重要な保湿成分です。