顔のたるみ改善にはどういった化粧品を使えばいいの?

顔のたるみは、実は20代のうちから始まるといいます。

老けて見える顔のたるみの原因とは、顔を作っている筋肉の退化や老化した皮膚にあるコラーゲンやエラスチンなどが歳を重ねたことによって少なくなると皮膚の伸縮性が鈍くなり、肌のハリや弾力性が失われます。

紫外線によって、真皮層のコラーゲンやエラスチン繊維を体内の活性酸素が壊し皮膚の老化を早めます。

乾燥で長期間皮膚細胞内の水分不足が続くと肌のバリア機能も落ちてしまうため、肌のハリや弾力性が失われます。

たるみのチェック方法

このような症状があれば、たるみがはじまっています。

ほおの毛穴が楕円形にめだってきた。

下まぶたに影クマができる。

ほうれい線がめだってきた。口角が下がってきた。

フェイスラインがぼやけてきた。

顔が大きくなってきた。

もしあてはまるものがあっても、スキンケアで改善できますので安心してください。

そこで日々のスキンケアで、顔のたるみ改善する為のお勧め化粧品の成分を紹介していきます。

たるみ対策のおすすめ化粧品成分

保湿能力が最も優れているのは、セラミドなどの細胞間脂質の保湿成分です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えてビタミンCの抗酸化作用、保湿、美白作用などでたるみに有効な成分となります。

レチノールは、もともと人間の体内にあるビタミンAで線維芽細胞に働きかけることでコラーゲンを増やす働きがあり加齢によるたるみに大変有効です。

ピーリングコスメに配合されているAHAは、肌の新陳代謝を促しコラーゲンを強化します。

ナイアシン(ビタミンB3)は、肌代謝を活性化して肌にハリを出します。

刺激が少なく、肌が弱い方に有効です。

ポリフェノールやアスタキサンチン、そしてピクノジェノール、フラーレンといった抗酸化成分は人の老化の原因となる活性酸素を体内から除去します。

化粧品の使用方法

また、化粧品のそれぞれの使用方法を紹介します。

化粧水の正しい使い方は、500円玉くらいの化粧水を頬から口や目の周り額と順番に軽くおさえる程度で完了です。

化粧水を2度づけしたとしても肌の乾燥には関係ないため

化粧水の2度付けは必要ありません。

保湿クリームの使い方は、第一関節にのる程度の量をほうれい線や目の下のたるみに軽くたたくように塗ります。

保湿クリームは、2度付けも問題ありません。

化粧水と保湿クリームによるスキンケアは、1分ぐらいで終了させるのが好ましいです。

長くなると、皮膚に負担をかけシミやシワの原因になります。