肌のハリを維持するためにサプリメントは効果的なのか?

寝跡が消えない30代後半からの肌悩み

30代後半から40代にかけて急激に肌のハリがなくなり、しわやたるみが気になり始める方が多くいます。

マスクの跡や寝跡などが顔についてしまっても長い時間消えないのは、残念ながらハリがない証拠です。

若い時には何もしなくてもピチピチした肌だったのに、年齢を重ねるごとにスキンケアをどんなに頑張ってもなかなかハリが戻ってくれない、なんてお悩みは多くの女性が抱えていますね。

肌の弾力不足の原因

私たちの肌は表皮と真皮、そして皮下組織の3層から成り立ちますが年齢を重ねるごとに真皮の機能が弱くなってしまいます。

真皮には肌の弾力のみなもとと言われるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などがありますが、これらの成分が減少したり老化をしてしてしまうことでハリのない肌になってしまいしわやたるみを生じてしまうのです。

さらに詳しく説明すると、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作る細胞を繊維芽細胞と言いますが、この細胞が老化をしてしまうことでコラーゲンなどが作られなくなってしまうのですね。

繊維芽細胞に元気を与える方法

繊維芽細胞が老化をしてしまう原因にはいろいろあります。

加齢が大きな要因になりますが、ほかにも紫外線を浴びたり、ストレスや不規則な生活によっても細胞の働きが低下してしまうのです。

最近では若い女性でもハリがないと悩むことがありますが、おそらく不規則な生活や食生活などの影響ではないでしょうか。

肌のハリをよみがえらせるためには、繊維芽細胞にエネルギーを与えることが一番早い解決策です。

肌のハリを維持させるために化粧品などのほかにサプリメントを摂取される方も多くいますが、肌のハリを継続するためにサプリは有効なのかと疑問に思われる方も多いようです。

サプリでハリのある肌を目指すなら

サプリメントで美肌を目指すならば、成分をしっかり見極めることが重要になってきます。

同じコラーゲン配合でも肌にしっかり効果を出すのは、低分子タイプのコラーゲンと言われています。

分子が大きいままのコラーゲンは、服用しても胃で消化分解されてしまいやすく肌にはあまり効果がないそうです。

ヒアルロン酸も同様で、低分子のものではないと効果がないと言われています。

また、コラーゲンの合成を促進するビタミンCやルチンなどはサプリメントで服用することで真皮のコラーゲンが増えると言われているので、このような成分を選べば肌のハリ継続に効果がありますね。

そのほか、サプリメントの代表とも言われるアミノ酸は繊維芽細胞の活性化にも有効です。

細胞を作るために必要とされるアミノ酸は20種類ありますが、このうち10種類は必須アミノ酸といわれ、自ら合成されないので食事などで補う必要があります。

なので、必須アミノ酸がバランス良く配合されたサプリメントなども美容には有効となりますね。

このように、成分の内容によって効果があるものとないものがあると言うことを覚えておいてくださいね。